• ホーム
  • 間違いだったトリキュラーのあれこれ

間違いだったトリキュラーのあれこれ

白いと青い錠剤

トリキュラーは低用量ピルと呼ばれる経口避妊薬の一つで、毎日服用することで排卵を抑制し、避妊効果を発揮してくれる薬です。
現在では低用量ピルの一部は保険適応になり、子宮内膜症や月経困難症の治療として使用される場合もあるため、一昔前に比べるとピルを使用する女性は増えているといえるでしょう。
トリキュラーは保険適応外の低用量ピルであるため、治療目的で処方されることは無いでしょうが、避妊のために低用量ピルの使用を求める場合には、多くの婦人科や産婦人科で取り扱いのある、とてもメジャーな低用量ピルと言えます。
日本だけでなく世界中で広く使用されているため、臨床例も多く、安全性の高い薬ですが、インターネットの情報や噂話ではいくつか間違った話が流れているようです。
最もよく耳にするトリキュラーの間違った情報として、「トリキュラーをはじめとする低用量ピルを服用すると太る」という情報です。
なぜこのような話が出てきたのかというと、トリキュラーに含まれるプロゲステロンというホルモン物質が食欲を増進させる作用があるからという理由からです。
ですが、実際は食欲が極端に増進してしまうほどの作用はありません。
まれに体質に合わなくて極端な作用が出てしまう可能性も完全に否定はし切れませんが、ほとんどそのようなことはないといえます。
また、副作用で一時的に浮腫みがでやすくなるため太るという話が出回っているという理由もあります。
浮腫みはあくまで体内の水分が正しく排泄されずに体に留まってしまっているだけですので、運動やマッサージで上手に身体の水分を外に出してあげるようにすれば解決できます。
薬の悪いうわさ話に惑わされて大きなメリットを逃さないよう、正しい情報を集めることが大切です。

関連記事