ピンクと青い錠剤

トリキュラーは、いわゆる避妊用のピルに属するものですが、実は避妊にとどまらない、さまざまな効果を発揮することがあります。
トリキュラーのなかには、卵胞ホルモンと黄体ホルモンとよばれる、二種類の女性ホルモンのかわりをする物質が含まれています。
このため、トリキュラーを毎日きめられた錠数ずつ服用することによって、血液のなかに含まれるホルモンの量が、おおむね一定に保たれるようになります。
トリキュラーの正しい飲み方を守れば、妊娠をするための準備としての排卵や生理が止まって、妊娠をしないからだに切り替わるため、避妊という意味での効果が生じるわけです。
生理痛がひどくて学校や会社での生活にも困難をきたしているような女性や、生理前の時期になると、いらいらや体調不良がひどくなるといった女性は、ストレスなどによってホルモンバランスがみだれている場合が多いものです。
こうした場合、ホルモンバランスをととのえることで、こうした不快な症状が解決に向かうことがあります。
そこで、トリキュラーのような低用量ピルがもっている、ホルモンを一定に保つという効果を用いることで、ホルモンバランスをととのえてあげるのです。
また、トリキュラーを含む低用量ピルで生理不順解消ができます。
実のところ、わが国ではごく最近までは、避妊用という用途ではなく、もっぱら月経前症候群や月経困難症の治療といった目的のために、こうした低用量の避妊用ピルが用いられていたため、効き目の確かさについては一定のデータが蓄積されているといえます。
もしも月経困難症や月経前症候群になやんでいるのであれば、婦人科などを訪れて、医師の診断を受けた上で、トリキュラーのような低用量ピルを継続的に処方してもらえるようにすれば、かなりの改善が見込まれるといえます。

記事一覧

トリキュラーを正しく服用していれば、膣内射精をされてしまったとしても妊娠をすることはありません。 ト...

若い女性

トリキュラーやルナベルは女性の悩みを解決してくれる非常に心強い薬ですが、服用する前には口コミなどを参...

雑誌を持っている女性

トリキュラーは3相性ピルで、3段階に分けて黄体ホルモンの配合量を変化させることで、女性が本来持つホル...

ニコニコする女性

生理というものは、受精卵のベッドとして用意されていた、厚みのある子宮内膜が、一定の期間を経過しても使...

白いと青い錠剤

トリキュラーは低用量ピルと呼ばれる経口避妊薬の一つで、毎日服用することで排卵を抑制し、避妊効果を発揮...